【イベント告知】YMYLやらE-A-Tについてちょっと語ってきます。「コンテンツマーケティング/コンテンツSEO勉強会」開催のお知らせ

お知らせ

こんにちは、サイトアクセル岡崎です。すっかり冬眠モードに入りかけていましたが、初春の花粉とともにもぞもぞと動き出していこうと思います。かゆい。つらい。

さて、ひさしぶりにWeb上でちゃんとした発信をする気がしますが、今回はイベント開催のお知らせです。昨年の11月に2冊めの著書となる「できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88 (できスタ) 」という書籍を刊行いたしましたので、そのフォローアップイベントという位置づけになります。とはいえ、書籍を未読の方でも問題なくご参加いただける内容になるかと。

どうでもいい話ですが、ビジネス書もラノベ的に長文タイトルをつける世の中になりつつあるのでしょうか。

イベントのタイトルは『敷田憲司×岡崎良徳×納見健悟×岸智志「コンテンツマーケティング/コンテンツSEO勉強会」』です。こちらも長い。そして人名だらけ。一体誰が誰なのやらというのは後ほど改めてご説明します。

書籍の内容を解説するフォローアップイベントという扱いではありますが、わりと初心者向けになるべく平易に書いた本なので、それだけでは物足りなくなるかなーと思い、書籍には書けなかったちょっとグレーだったり若干難しかったりする施策も追加でお話しようと思います。

というわけで、私の発表テーマは以下のようになります。

「YMYLアルゴリズムを迎え撃て!サイトのE-A-Tを高める3つの基本技+3つの応用技」

「3つの基本技」は書籍に書いた内容をなぞっており、「3つの応用技」が書籍には書いていない内容になります。キン肉マンで言うところの52の関節技と48の殺人技みたいなものですね。たぶん違う。

SEOを知っている方からすると「YMYLアルゴリズムって表現おかしくね?」とかあるかと思うんですが、そこはまあノリと勢いとわかりやすさ重視というところで。

ちなみにYMYLというのはお金や健康にまつわる領域を指すGoogle用語で…なんてはじめるとまたややこしくなりますので、当日の発表用資料の一部をお見せしますので気になる方はこちらをご覧ください。

このような形で、まだ書籍を読んでいない方でもわかるように基本用語の解説も一応挟みつつ、その上で具体的な施策について解説していくという体裁になります。プログラム的には1名15分の持ち時間なので、その中にきっちり収められるか否かが目下の課題です。質疑の時間をたっぷり取っているので、若干駆け足で説明しつつ、不明な点は質疑でフォローするような形がバランス良さそうかななんて考えています。

「E-A-Tってどうやって上げたらいいんじゃい」とお悩みの方、残り3つの応用技が気になった方はぜひご参加ください。

>> イベント詳細・申込みはこちら – パスマーケット

イベント概要

開催日時:3/26(火) 20:00~22:00 (19:30開場)
会場:本屋B&B
住所:東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
アクセス:下北沢駅東口より徒歩4分
入場料:
・前売1,500円 + 1ドリンク
・当日店頭2,000円 + 1ドリンク
※ドリンクは1杯500円~(ドリンクメニュー
>> イベント詳細・申込みはこちら – パスマーケット

登壇者について

敷田憲司(しきだ・けんじ)
フリーランス(屋号「サーチサポーター」)。Webマーケティング専門のコンサルタントとして活動中。大手保険会社、建設会社や電器メーカーのWebサイトのSEO、SEM、アクセス解析からコンテンツの企画・作成など全般の業務を手掛け、Webメディアや書籍での執筆も多数。

岡崎良徳(おかざき・よしのり)
株式会社サイトアクセル代表。技術とコンテンツの両面からSEO施策の実施をサポートするSEOコンサルタント。家電EC求人広告営業地域情報メディア運営現職と、転職エージェントには喜ばれない幅広いキャリアを活かし、さまざまな業種・業態のクライアントの施策を立案・実施している。

納見健悟(のうみ・けんご)
株式会社フリーランチ代表取締役。建物の設計・コンサルを経て、専門誌『日経アーキテクチュア』等で取材・執筆。建設系コンサルティング会社の山下PMCで広報部門を立ち上げ、インハウス担当者としてWeb、書籍、PRなどマーケ全般を担当。現在は、BtoB企業を中心に、複数の企業のマーケティング・集客を顧問契約でサポート。

岸智志(きし・さとし)
株式会社スタジオライティングハイ代表取締役、ライター。テレビ番組の構成やドキュメンタリーマンガのシナリオからキャリアをスタート。現在は、漫画原作から書籍執筆、取材記事、セールスライティングまで「執筆」を専門に活動している。

コメント